茂利 尚子

 

・米国ロルフ研究所認定ロルファー

・ロルフムーブメント

    プラクティショナー

・A-yoga認定インストラクター

 

ロルフィングとの出会い

 

子供の頃から足が太いなど体にコンプレックスを持っていたことからカラダへの関心がとりわけ強く、産後よりボディメイキング、エクササイズ等いろいろと試す。

その中で大人から始めたバレエにはまり、右膝半月版損傷で内視鏡の手術を受ける。術後の回復の為、ロルフィングと出会うことでさまざまな不調も改善し、

『カラダの可能性、いくつからでもカラダは変われる』ということに魅せられてロルフィングのトレーニングに参加。

 

『大嫌いだった自分のカラダがアラフィフになって初めて好きになれた』

見た目だけではなく不調や痛みのない機能的なカラダへと変わることで気分もハッピーになれる! 

実体験に基づいた女性の為のロルフィングを通じて、女性がそれぞれのステージで輝くことができる。大切な人に笑顔になれる。そんなサポートをしていくのをライフワークとし活動している。

 

家族は夫、娘が2人、トイプードル♂ 

趣味は、生花アレンジメント、カメラ、ヨガ、ピラティス 

経歴

南山大学 短期学部英語科卒

(株) デンソー 秘書業務

夫の転勤で台湾で過ごす。

帰国後ボディメイキングサロン経営 多くのプロポーション美人を養成

再び夫の転勤で中国で過ごす。

大人のバレエに夢中になる中、右膝半月版損傷で内視鏡手術を受ける。

術後のリハビリでロルフィングに出会い右膝完治

 

2010年よりロルフィングの勉強を開始する。 

 

ユニット1 東京トレーニング受講

ユニット2 東京トレーニング受講 

ユニット3 バリ島アジアトレーニング受講

 

2012年12月、米国ロルフ研究所公認ロルファーとして認定される。

現在、刈谷市と名古屋市にて愛知県で4名しかいない女性ロルファーの1人として活動中。

 

2011.6 東京トレーニングUnit2 インストラクターとクラスメイト達

2012.10~12.  バリ島アジアトレーニングUnit3のクラスメイト達

ロルファーとしての継続教育受講歴

2011~   米国アドバンスロルファー、

     Tessy Brungardt  のスタディグルーブメンバーとして参加受講   

                      

     1. Schouder Gardle (肩甲骨)

     2. Pelvic Gardle (骨盤)

     3. Spine  (背骨)  

 

2014.4        田畑浩良アドバンスロルファーのムーブメントワークショップ受講

     知覚・方向付けとリソースを用いて統合を促す(yeildwork)

2014.9       Carol Agneessens         バイオダイナミクス part1受講

 

2014.12     Sharon Wheeler       Scar Work (瘢痕組織修復の為のワーク)受講

 

2015.5       Sharon Wheeler 先生に感銘を受けシアトルへ訪問、

     メンターを受け自分の身体への探求をさらに深める。

     同時に『Art of Rolfing 』ワークショップも受講

 

2014~        Yuki Ojika アドバンスロルファー

     ホリスティックシステムズセミナー

     アシスタントとして参加 受講中

2015.4      アナトミートレイン著者、トムマイヤースの

     名古屋セミナーでアシスタントとして参加受講

 

2016.5~   アスレチックトレーナー山本邦子さん考案

     A-yoga認定インストラクター養成コース受講

2017.3 A-yogaインストラクター認定される

2016.11 Sharon Wheeler 『Bone Work』受講

2017.3   アドバンスロルファーでSEインストラクターでもある

     Lael Keen 先生よりロルフィングにおけるトラウマへのアプローチを

     学ぶ

2017.3  Gael ムーブメントワークショップ参加